トップページお知らせ漢方薬に関する記事 > 「クマ笹エキスはこんなに効く」著者・大泉先生と研修会

「クマ笹エキスはこんなに効く」著者・大泉先生と研修会

5/16~17の2日間、宮崎県佐土原市で開催れた第18回プレミアム倶楽部に参加してきました。何がプレミアムかと言うと・・・

私が日本一の薬屋と尊敬するくすりの麗明堂・金丸先生が主宰する勉強会だから。そして、その研修会に集う同志の全国各地の薬屋さんもプレミアムな存在です。そのような会に参加させていただきただ感謝です!今回で18回目になりますが、なんと今回で最後になります(涙)

今回は特別講師として、大和生物研究所代表で医学博士の大泉先生のご講演もありました。当店のお客さまはご存知の方も多い著書「クマ笹エキスはこんなに効く」の著者でもあります!大泉先生の本にサインいただきました♪

「 クマ笹エキスの葉緑素がダイオキシンを体の外に出す!」

 人類の未来に暗い影を落とす大きな社会問題として、今、注目されているのが、環境ホルモン(外因性内分泌攪乱化学物質)です。

 ダイオキシンをはじめとして、人間が生み出したさまざまな化学物質が環境を汚染しているのはご存知のとおり。食べ物や空気を通じて体内に入ると、ホルモン系統を乱し、とくに生殖機能に重大な障害を与えます。(中略) 

ダイオキシンの恐ろしさは、一度、体内に取り入れられると、殆ど排出されることなく体内に蓄積され続けることです。ダイオキシンを何十年も蓄積し続けた人体が、どのような反応を示すのか、詳しく分かっていません。

1997年、福岡県保健環境研究所の森田邦正氏らは、体内に蓄積されたダイオキシンを、いかにして体の外に排出させるかというテーマの実験を繰り返した結果、ついにラットを使った実験である一つの物質にたどり着きました。

その物質とは、葉緑素です。

葉緑素が小腸の中にあるダイオキシンを吸着し、大便と一緒に体の外に出してくれるのです。

クマ笹エキスには、葉緑素が大量に含まれています。(中略)

生きていればいるほど蓄積され続けるダイオキシンの排出に、葉緑素たっぷりのクマ笹エキスは大きな力を発揮するはずです。

「クマ笹エキスはこんなに効く」より

宮﨑空港では、ブーゲンビリアの花がお出迎えしてくれました。
ブーゲンビリアの花言葉は「情熱」

これからも、ダイオキシンや環境ホルモンの影響が少しでも減らせるように、情熱をもってクマ笹エキスをご紹介させていただきます!

今日はこんなところで。

自然薬舗なおみやのホームページ
 https://naomiya.jp/  
健康づくりの一番手「クマ笹エキス」の情報はこちら
http://tateshina-sasa.com/about/
現代人向けのホノミ漢方薬の情報はこちら
http://www.zaiseido.co.jp/

「タンポポ茶ショウキT-1プラス」の情報はこちら
http://www.shawkeat-1.com/

当薬局へは、白山市、野々市市、金沢市、能美市、川北町、小松市、加賀市、津幡町、かほく市、福井県福井市・大野市・勝山市などからご相談にお越しいただいております

よく読まれている記事