トップページ 漢方・自然薬 オーダーメイド漢方薬 > 花粉症

花粉症

日本人の約40%がかかっている「アレルギー性鼻炎」は、まさに「国民病」です!

その中でスギ・ヒノキ・イネ科などの花粉が原因になるものを「花粉症」と呼びます。近年では「花粉症」と「副鼻腔炎(鼻づまり)」が合わさって出るケースが目立ちます。

 アレルギー性鼻炎とは鼻の粘膜でアレルギーを起こし、「くしゃみや鼻水、鼻づまり」などの症状が現れる病気です。原因物質(抗原)によって、次のように分けられます。

  原因物質 症状が現れる期間 症状の強さ
花粉症 花粉
(スギ、ヒノキ、イネ科)
花粉が飛散する時期 強い
通年性アレルギー ハウスダスト
(埃、ダニなど)
一年中 弱い

人間の体には、異物が侵入した際にそれを排除しようとする「免疫」の働きがあります。

免疫が過剰に反応することによって、アレルギー反応(くしゃみや鼻水など)が起こります。最近では、アレルギー性鼻炎を起こす人の約4割が副鼻腔炎を合併していると言われています。

その要因は鼻や副鼻腔粘膜が慢性的に腫れ副鼻腔炎を起こしやすくなるためと考えられます。

なおみや薬局おすすめの鼻病漢方薬

くしゃみ・鼻水には『ホノビエン錠』

kafun4市販の鼻炎薬に多く見られる”口の乾き”を起こす成分を配合しないため、すばやくアレルギー症状を取り除いて、鼻炎の不快な症状を改善!花粉症によく用いられる「小青竜湯」と比べると麻黄を含まないので血圧・心臓に不安のある方や胃腸が弱く虚弱な方でも安心です。

鼻づまり・後鼻漏には『ホノミビスキン』

honomibisukin10種類の生薬の働きを活かし、副鼻腔に起こった炎症を鎮めて、溜まった鼻汁(膿)を排出させて、副鼻腔炎による不快な症状を改善します。また全国の大学病院(耳鼻咽喉科)での臨床試験では73%という有効率を示し7日ほどで効果が現れ、副作用も安心です。

眼のかゆみ・充血には『気上錠』が効きます

9-01

花粉症でくしゃみ・鼻水と合わせ辛い症状が眼の痒み。目薬でも楽にならない方はぜひ一度お試しください。