トップページ 漢方相談~現代漢方のススメ~ オーダーメイド漢方薬 > 冷え症・生理不順・更年期

冷え症・生理不順・更年期

冷えは夏につくられる

冷え症とは、「身体全体は寒くないのに手・足・腰が異常な程、冷たい…」など、「身体の一部分だけが特に冷たくなる状態」を指します。

私たちには環境や季節の変化に適応するため、自律神経により体温をうまく調節する働きが備わっています。

ところが、炎天下の屋外と冷房のよく効いた室内の温度差が激しい夏場は、自律神経系のバランスを崩しやすく体温調節がうまくいかず、冷えに伴う様々な症状が現われやすいのです。

「血行不良型の冷え」や「水分代謝異常型の冷え」や「自律神経失調型の冷え」など、タイプも様々です。

一般に『冷え症』が起こる原因として、大きく分けると次の2つが考えられます。

服用しやすい、リーズナブルな現代漢方で体質改善をオススメします。

一般的な『冷え』の原因 『夏の冷え』との関係
(1)エネルギー不足で、熱の産生が不十分なため 夏バテによる、胃腸機能の低下
無理なダイエットによる、エネルギー不足
運動不足からの筋力低下
(2)熱の分配がうまくできないため 冷房の影響で、身体がさらに冷えてしまい、熱を運ぶ血液がうまく流れない

生理不順・更年期障害

冷え症と同じく、女性に多いのが生理痛・生理不順、更年期障害。

健康な女性には、生理痛はありません。生理不順も含めて、ホルモンや自律神経の乱れ、貧血などが背景にあります。

また、更年期を迎えると、血液・ホルモン・自律神経が乱れやすくなり、のぼせ、動悸、めまい・・・など様々な症状が現れます。

エッキ錠

5-01  更年期障害や頭痛・肩こり・生理不順などの 症状を伴う冷えやのぼせの改善にはエッキ錠が一番手

 

パナパール錠・カプセル

18-01肉体疲労や胃腸虚弱など新陳代謝機能が低下気味の方にはパナパール錠またはパナパールカプセルが最適