トップページお知らせダイエットに関する記事 > 排卵障害の改善につながる食事法

排卵障害の改善につながる食事法

今回は患者様からご質問の多いPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と食事の関係について。

実際に論文などを調べてみると下記の論文がありましたので和訳して書きます。

『朝食をしっかり、夕食を軽く食べることでPCOS女性の排卵率が高まる』
朝食をしっかり、夕食を軽く食べることで、肥満ではないPCOSの女性のインスリン抵抗性や高アンドロゲンが改善され、排卵率が高まることがイスラエルの研究で明らかになりました。

テルアビブ大学の研究チームはBMIが正常な(肥満ではない)PCOS患者60名をランダムに2つのグループに分け、一方のグループには朝食をしっかり食べてもらい、もう一方のグループのは夕食をしっか食べてもらいました。いずれのグループも1日の総カロリーは1800カロリーと同じにしました。

それぞれのグループの3食のカロリー配分は以下の通りです。
・朝食しっかりグループ:朝食980カロリー、昼食640カロリー、夕食190カロリー
・夕食しっかりグループ:朝食190カロリー、昼食640カロリー、夕食980カロリー

そして、90日後にインスリンやブドウ糖、テストステロンのレベルを測定しました。
その結果、いずれのグループもBMIに変化は見られなかったものの、夕食をしっかり食べたグループはインスリンやテストステロンのレベルが高かったのに対して、

朝食をしっかり食べたグループはインスリン抵抗性は56%、テストステロンレベルは50%、それぞれ低下し、それに伴い排卵率が50%高まりました。

このことから、朝食をしっかり、夕食を軽く食べることで、食後の血糖値の上昇が抑制され、インスリンをコントロールできて、PCOSの排卵障害の改善につながることがわかりました。

注釈
PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とは小さな卵胞がたくさんみられる状態の卵巣のことをいい、超音波検査で確認できます。

そして、それに加えて、排卵しづらい、あるいは、排卵しないという月経異常を伴うこと、そして、血中男性ホルモン値が高い、または、LH(黄体化ホルモン)値が高いこと、この3つをすべて満たすと、PCOSと診断されます。

ただ、症候群なわけですから、その症状は、決して、一様ではなく、肥満や内臓脂肪過剰、また、毛深くなるなどの男性化傾向がみられることがあったり、男性ホルモンの値が高いため、卵胞は発育するものの途中で成熟が阻害されてしまい、排卵障害や無排卵を招くことで、不妊の原因になります。

インスリン抵抗性といって、インスリンの効き目が悪くなって、糖や脂質の代謝に異常をきたす状態が、男性ホルモン値が高い背景にあることがあり、そのメカニズムはとても複雑なようです。PCOSによる排卵障害の治療は、まずは、排卵誘発剤を使いますが、あくまで対症療法です。
 

そのため、セルフケアとして、ダイエット(減量)が勧められています。特に糖質制限がお勧めです。

PCOSの女性には肥満が多く、減量することで排卵しやすくなるからです。

 ところが、特に日本人では、BMIが正常な肥満でないPCOSの女性が少なくありません。そのため、インスリン抵抗性がある場合には、食後の血糖値を急上昇させない食べ方をすることで、血糖値の上昇や下降をより穏やかなものにし、インスリンの分泌を少なくすることで、ホルモンのバランスが改善されることが確かめられたわけです。

朝食をしっかり食べ、昼食、夕食と次第に軽くすることだけでなく、カロリー制限ではなく、炭水化物(糖質)の量を制限すること、また、食事の際に食物繊維が豊富な野菜から食べ、次にたんぱく質、最後に炭水化物を食べることでも食後の血糖値の上昇をゆるやかにすることが出来ます。

また、このことはPCOSと診断されている女性だけでなく、高血糖状態は卵細胞にダメージを及ぼす酸化ストレスを高めたり、AGEの産生を促進したりして、卵質の低下を招く恐れがありますので、妊娠を望む全ての女性に勧められる「食べ方」です。

よく読まれている記事